今を生きる コロンバスにて 北川克己

カテゴリ:野球( 137 )




今年連覇できるかなあ

連覇して欲しいけど、セリーグ連覇して日本シリーズに勝ったら、落合監督止めちゃうだろうな。もう数年やってから、立浪か昌か、誰か若手に変わってもらうのがいいような気もするけど。
オーナーが引退するかどうかでも変わってくるか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-03-05 15:08 | 野球

オープン戦

オープン戦は負けまくりましょう。勝つとろくなことはありません。今年はチェンも吉見も開幕が間に合いませんから、中田と朝倉に頑張ってもらわないとこまります。昌も。去年とは逆に昌は前半に頑張ってもらいましょう。それで後半からチェンと吉見に復活してもらう。前半小差のリードでいけば、優勝確実。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-03-03 01:36 | 野球

仲良くしてくれるとうれしい

二人とも好きなだけに仲良くしてくれるととても嬉しいです。
和やか…ベンチ裏で星野、落合監督会議
私は自分がPIとして目指す理想は落合監督だけど、自分の上司には星野監督のような人がいいと思っています。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-02-27 14:25 | 野球

今年もガンバレ

いよいよオープン戦が始まりました。今年も頑張って欲しいものです。
もちろん、ドラゴンズのことですが、イチローにも頑張って欲しいです。
イチローは天才と呼ばれることを嫌うそうですが、彼は練習の鬼、準備の嵐ですから、生まれながらに楽して成功できているように言われるのは心外なのでしょう。我々にしてみれば、それらを全部まとめて、天才なのですけれど。
彼のバッティングスタイルは子供のころからのバッティングセンターでの練習が生み出したもの。来た玉をすべて打てるように来る日も来る日も練習したのでしょう。そんな風にしている人はいくらでもいるでしょう。でもイチローみたいにどんな球でも打てるようになっちゃう人はそんなにいない。でも、そうしないことにはイチローにはなれないのです。

そういえば、私も毎日のように卓球の練習したなあーって思い出しました。マシーンの練習はお金がかかるから、サーブは一人でもただでできるので、徹底的にやりました。練習なら90%以上の確率で台の角に当てることができるようにまでなりました。どこにはねるのか予測不能だし、スピードそのものもかなり速いので、必勝サーブだと思います。というか取れた人を見たことがありません。でも試合だと確率が低くなり、常に出す訳にはいきません。ルールがテニスと同じだったら、今ごろ世界チャンプだったかもしれません。というのは冗談ですが、しかし、毎回出すとなるとやはり取れる人がいるのかもしれませんね。しかも私以外にも同じことができることがいそうですから。今でもできるかどうかわかりませんが、同じラケットを同じように削ったものでないと無理かもしれません。ミリ単位での狂いで外れますから。
更に思い出しましたが、小学校のときにも一人で野球の軟式のボールをかなり正確になげれるように練習した覚えがあります。スピードはそんなになかったかもしれませんが、距離はたしか12メートルでボール一個以内に収まるコントロールでなげるところまでできるようになり、キャッチボールした友達が驚いていました。しかし、私の控えめな性格のせいで、この実力が披露されることはありませんでした。あったのはかなり後になりますが、高校の球技大会のときくらいでしたか。そういえば大学の野球部のキャッチャーに思い切り投げ込んで驚かれたこともありました。あのときは野茂のように身体全体の体重を乗せて投げることができたのです(なぜか今は体型がかわってできなくなってしまった)。野球部に誘われましたが、一球なら良い球が投げれるかもしれないけど、体力がなかったし、すでに2つも運動部を掛け持ちしていたので断りましたが、やっていたら人生かわっていたでしょう。さらに思い出すと、私はゴルフの才能はあったと思います。生まれて始めて回ったラウンドでバーディーを出したのですが、いろいろあって結局は止めてしまいました。たぶん、サーブ、ピッチング、ゴルフのスイングというのは共通している才能が必要でそれにある程度他の人よりは向いているのでしょう。
こうしていろいろ考えてみると、スポーツプロになれる人っているのはやはりすごい人なんだなって思い知らされますね。自分の世界で通ってきた道を考えると、確かに同じような道をスポーツの道で歩くのはそれは大変だろうと想像しますが、更に遥かに大変なのでしょう。運動神経、体力、精神力、そして、知力、まさにスーパーマンですね。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-02-26 16:01 | 野球

楽天星野監督

星野監督が中日を離れてから久しいが、やはり気になってついつい見てしまう。素直に言うと、私は星野監督が好きだ。彼の人間的魅力は捨てがたい。監督、選手としては超一流というわけではないだろう。しかし、彼の言動は人を引きつける。
前と同じことをまた書く。オリンピックでの敗戦でマスコミに叩かれ、長く続いていた彼のブログが突然終了してしまって、なんと落胆したことだろう。負けたとたんに、怒濤の采配批判。あの采配は星野監督を知っている私からすれば、当たり前のことだ。彼なら何度やってもああするだろう。岩瀬を使う。調子が悪くても、再度チャンスを与える。勝ち負けよりも大事なものというか、それが勝ちにつながると信じている。うまくいかないときもある、しかし、迷わない。それが、星野監督たるゆえんであって、そうでなければ、星野監督である意味がない。だから、あの采配はなるべくしてなったものであって、星野監督をオリンピック代表監督と選んだ以上、批判してもしょうがないのだ。実際、彼を推薦した長島氏、王氏はいっさい批判していない。批判するなら監督を推薦する時点でしろといいたい。決まってしかも勝負は終わったのにごちゃごちゃいうのは意味のないこと。WBCの監督もオリンピックのときも推薦した王氏が推薦したから、話が出ただけで本人はやるなどとはひとこともいっていないし、やりたいなどと思っていない。いいですか、サッカーの監督とちがって、勝って当たり前だと言われていたんですよ。やったってなんの特にもならない。恩義のある人たちから頼まれたからやっただけなのに、それをぼろくそいうのなんて筋違いだ。
楽天を引き受けるのだって同じだ。こちらは負けてもいいのかもしれないが、監督なんてやったって、何の特にもなりはしない。実際星野監督の娘さんたちはいつもやることに反対している。監督なんてやりたくてやるもんじゃない。頼まれてやるもんなんだ。采配についてごちゃごちゃいうのは、飲み屋で素人がぐちたれるのはよくても、マスコミが批判の的にするのは全く解せん。落合監督の山井投手から岩瀬投手の継投についてでもそうだ。監督が責任もって人生かけてやってることになんかいうんだったら、そいつもそれなりの覚悟をしてもらいてえ。なにいってんだい、おれは。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-02-09 13:35 | 野球

こちらは名判決

涌井選手よかったです。西武はおかしすぎる。なんなんだあの球団は。ケチるところを間違っている。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2011-01-28 21:32 | 野球

ポスティング

現行のポスティング制度はあまりに選手に不利である。岩隈選手がかわいそうだと思う。球団同士で作った球団のことしか考えていない制度である。極端な話、入札額にほぼ全額つぎ込んで、最低の給料を提示することさえでき、交渉がうまくいかなくても球団側にいっさい損はない。この点は改善されるべきだろう。入札額は決裂しても、最低でも何割かは、払われるべきであるというペナルティーをすべきであろう。あるいは、第三者に年俸が適当かどうか訴えることができるような制度を作るべきである。しかし、FAを待たずに移籍をするということをメリットとするなら、ポスティング後の年俸交渉が多少不利となるという点はある程度は目をつぶるしかないだろう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2010-11-26 16:10 | 野球

引き分けなし

日本シリーズ、第六、七戦の視聴率がよかったという話だ。やはり延長におよぶ激闘が興味を呼んだのだろう。
最後の最後まで勝負の行方がわからないのが野球の面白さの一つである。時間を短縮、短縮、延長中継なし、という流れはその面白さのひとつを消してしまうものである。せめて日本シリーズに関しては引き分けなしにしてもらいたい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2010-11-09 13:18 | 野球

終戦

終わったときにはしょうがないなと思った。もういいよって思った。選手、監督、関係者、そして深夜まで応援していたファンの方たち、どつかれさんでした。
しかし、一日経ってみると、なんか悔しくなってきた。パリーグ3位のチームに負けたというのが。2位ならまだしも、いくらゲーム差が少ないといってもあの激戦のペナントを生き残った優勝チームで戦わないというのがどうしても気に入らない。
ドラが勝ってしまえば関係ないから、勝てばいいし、勝つだろうと思っていたが、実際負けると、やはり、どうもそのことに腹がたってしょうがない。これが相手がダイエー(ソフトバンクのこと)ならまた違ったろう。
3位同士で戦うことになったらどうだろう。人気の面でしょうがないという話だったが、どうせドラ対ロッテじゃ人気もくそもないだろうに。それなら、優勝チームもその応援ファンも納得するような形式にすべきだと思わないか。こういう目先の利益に走ることが逆に野球離れに拍車をかけないか。にわかファンはゲットできても本当のファンを失わないか。
ドラとダイエーと非公式に練習試合をやって、裏日本一(真日本一)を決めるというのはどうだろう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2010-11-08 12:50 | 野球

CS優勝

ドラはいつのまにか勝負強いチームになりました。昨日岩瀬で負け、今日浅尾で同点にされたので、かなり嫌な流れだったのですが、ベンちゃんが断ってくれました。流れを断つもの。こういう人がいると強い。
私の予感はブラちゃん大爆発でしたが、おそらくこれは日本シリーズのことだったのでしょう。
昌が先発で無失点だったのもうれしい。日本シリーズでも投げてほしい。
日本シリーズ第1と2戦目のナゴヤドームでの試合は地上派全国TV中継なしとのこと。ドラに対するこういう扱いには慣れていますが、一応怒ってみますか。日本プロ野球最強を決める試合を中継しないプロ野球連盟は脳みそがうにうに。赤字でもやれってんだ、プライドってもんがないのか。プロ野球に未来はないぞ。
私はどうせみれないから、どうでもいいが、虐げられればられるほど、燃えるのがドラファンだとも。
中継なし上等!
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2010-10-24 08:04 | 野球

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧