今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2006年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧




科学と宗教

ダビンチコードに書かれているように、昔から科学と宗教は相容れません。宗教ははじめにbriefがあります。”なぜ?”と問うことができないのは、科学を否定します。ガリレオしかり、ダーウィンしかりです。Evidenceとlogicによってtruthを探求するScienceはキリスト教で定義されている神、悪魔の存在、そして奇跡を否定します。アメリカでもほとんどの科学者は無宗教です。たとえキリスト教の信者でも道徳として割り切って考えている人が多いです。Top scientistsにユダヤ人が多いのも無関係ではないでしょう。
こういった点から見ると、ほとんど無宗教な日本人はScienceをやるのに向いています。なんのわだかまりもなく科学の概念に入っていけるはずです。私はこれは日本が科学立国になるために非常に重要なファクターだと考えています。無理に宗教、歴史、伝統と政府が国民に押し付ける必要はあるのでしょうか?自然にあるものが文化なのではないでしょうか?政府が作り出すものでは無いはず。せっかくの長所が無くなってしまうかもしれないのが心配です。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-31 08:34

韓国

近くて遠い国韓国ー私にとっては遠くて遠い国ですが、Y先生の旅行記を見て、行ってみたいなあと思いました。韓国焼き肉は日本にいたときには高くてほとんど食べた事がありませんでしたが、アメリカに着てからは年に数度ですが行くようになりました。日本のように高級ではないですけど、Memphis には2店レストランがあります。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-30 12:21

マイケルジャクソン

マイケルジャクソンは今アメリカでは全く人気がありません。特に若い人は、うえーという反応を示します。登場するのはゴシップ紙ばかり、しかも悪役、嫌われ者、あるいは奇人変人としてです。最近のアルバムが売れたのはヨーロッパと日本だけのはずです。幼児虐待の疑いとゴシップ誌で書かれているイメージがあまりにも悪くてそうなってしまったのでしょうけど、日本では相変わらずスーパースター扱いしているのが面白いです。日本のマスコミもアメリカで人気のないことは言いません(ネットで見る限りでは)。最後の砦なのでなんとかしようとしているのでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-29 09:20

福留

福留がとうとう打率一位になりました。WBC組は調子がいいですね。ファンというのは不思議なもので、お気に入りのチームが調子が良くても実質的には得も損もないのに、ヤキモキするわけです。

国家の品格読みました。新渡戸稲造の武士道いいですね。わかります。しかし、論理だけでは人間社会はどうにもならないという現実論はわかりますが、それはあくまでも人々が論理的に思考できるという前提があっての話で、実際世の中にすべてを論理的に判断できる人がどれだけいるのかという問題を忘れているような気がします。あれは論理を極めた人の考えでしょう。一般的な日本人には数学では公理に当たる倫理がないということを憂いているのだと思います。それで筆者は新渡戸氏のいう武士道を教えればいいのではないかと提唱しているのでしょう。しかし、一方、カムイ伝を通しての学んだ悲惨な江戸時代の農民の生活を生み出した武士に私はそれほど尊敬の念を抱くことができません。武士道よりも禅、あるいは儒教と仏教と神道が混ざった農民道というのがあるのではないでしょうか。日本人のほとんどは農民だったはずですから、それが本当の日本道ではないでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-28 08:00

House

Houseという医療チームの番組を気に入って見ています。毎回奇病の謎を解き、治療する話。Dr. Houseという口は悪い優秀なドクターが好きです。番組のスポンサーがHomedepotというのが笑ってしまいました。日本ではやっていないのでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-27 16:21

愛と戦争

極論になるかもしれませんが、戦争が無くならない理由についての考察です。ゲーリングが言ったように普通の人は戦争なんてしたくありません。運が良くって生きて帰ってこれるかどうかです。しかし、なぜ戦争に参加するのか。それは家族を守るためです。自分を守るためではありません。戦争にいったら死ぬかもしれないのに行くのは、自分を愛するものを守るためです。戦争に行くことがその目的を達成するかどうかについての問題はおいておいて、戦争に行く人は家族、故郷、民族そして国家を守るために戦うということで自分を犠牲にすることに納得しているのではないでしょうか。あるいは家族殺された恨みということになってしまっているかもしれません。もちろん、戦争が無くなることが愛する人を守るのに一番良い道です。しかし、相手が一方的にせめてきた場合どうするのか。やはり戦わざるを得ないのではないでしょうか。
もし、自分自身のことしか考えないような人たちばかりだったら、戦争って起きるのでしょうか。愛が無くなれば、戦争も無くなるのではないでしょうか。ある意味空しい仮定です。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-27 03:50

愚の骨頂

月曜日はこちらは休日ですが、いちいち祝日だからといって休んでいては研究ははかどりません。前にも言ったように、研究者には休日などないのです。休息は必要ですが、暦に合わせてわざわざ込んでいるときに休みを取るなど愚の骨頂。勿論、家族のために休みを合わせるのなら仕方がありませんが、そうでないなら、いつでも休みを取ってもいいのですから、わざわざ効率の悪いことをすることはないでしょう。道路も飛行機も込みますし、飛行機代もホテル代も高くなります。第一実験をぎりぎりにやっていたら、都合良く祝日に休みを取れるようになるはずがありません。実験の都合のいいときに休みを取るという順序になるはず。私のラボにはそんな愚かな人はいないと思いますが、休日中、ラボをのぞいてみます。hopefully not。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-26 14:03

日米首脳会談

小泉首相が来月渡米し、Bush大統領と会談後に、二人でMemphisのグレイスランドに来る計画を立てていると新聞に出ていました。この小さな町が大騒ぎになることは必至です。St. Judeも見にこられるといいのですけどね。残念ながら私はmeetingでawayです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-26 06:06

逆境

人生において辛い事があったとき、どうするのが一番いいのか。なにごとも前向きに考えるべきだとは思いますが、やはりどうしようもないことはあります。諦めるべきなのか、それとも希望を信じて続けるべきなのか、難しい判断です。感情のコントロールも大変です。特に自分の愛する人が悲しんでいるのが一番つらいです。Life is hard 。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-25 06:59

だめっすね

中日だめですねー。極力考えないようにしようとしているのですが、救いは巨人も負けていることか。このままずるずるといかないといいのですが。ここはベテランマサに頑張ってもらいたいところです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-05-24 00:11

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧