今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2006年 07月 ( 54 )   > この月の画像一覧




万年2位

ドラゴンズは2位の多いチームです。巨人が優勝しているときは決まって2位。優勝争いにからむ年が多いのでファンとしては楽しめます。強い印象のあるチームのわりには優勝が少ない。今の阪神の置かれている状況をよくファンとして経験しています。8月頭に6ゲーム差。直接対決がまだ10試合近く残されている(はずな)ので、まだまだ予断を許しませんが、2位の立場からみるとこれは遠いです。このような状態になって何度も優勝を逃したことがあります。一時は数ゲーム差まで寄るものも結局は惜しくも優勝を逃すというのがパターン。これから苦しいことはあるかもしれないけど、それは阪神も同じ。なんとかプレッシャーに負けずにガンパって欲しい。強みは2年前にも優勝していること、この点に関しては連覇の阪神と条件は互角のはずです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-31 10:49

大器晩成

私の目標とする研究者は、最近決めたばかりなのですが、おそらくいわずもがなですが、Y先生です。今までは漠然としていたのですが、ある程度目標がはっきりと見えてきたと思います。もちろん、全くのコピーになるつもりはありません。しかし、ある程度鋳型になるようなものがあった方が努力の方向を決め易いし、できることとできないことの判断もある程度はわかるようになるので、そういうことにしました。私のように最初からスーパースターとしてデビューしたわけではない研究者には大器晩成という言葉に救われるわけですが、Y先生もその範疇に一応入る(こんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが)のではないかというのもあります。勿論、生物系の研究者の中にはそういう例はたくさんありまして(SEさんもそうです)、むしろ最初から最後までスーパースターである例の方が少ないのではと思います。はやりに乗らずに自分の道をこつこつと進むというやり方は後々に評価されるということになりますから、自然にこのカテゴリーに入っていくということです。ノーベル賞は勿論欲しいですが、目標というよりはたまたまもらえるものという感じに考えています。偉そうなことを書きましたが、未来を語るのは若者の特権ということで(生物系では30代は若者なので)お許しいただきたい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-31 06:28

偽善者

日本ではどうも理想的なこととかレベラルなことを言うと偽善者ぶっているという風に取られ、信用を得ないという傾向があると思います。現実主義的リベラリストがいないからというのもあるでしょうが、文化的にそういう人間の存在を眉唾に思うというバックグランドがあるのではないかと考えます。アメリカのキリスト教右派はなぜが右翼なのですが、ジーサスそのものはどうかんがえてもリベラルです。日本に入ってきているキリスト教はおそらく聖書により忠実なせいでリベラルな人が信仰している人が多いでしょう。日本人のキリスト教の信者がアメリカの信者の交流するとその政治的考えが全く逆なことがわかると思います。なにしろ、アメリカでは反宗教的な考えの人がリベラル、反戦争、人権尊重、人種差別反対という図式になっており、現実的なリベラリズムが主に民主党に浸透していると言えます。共和党も全員が全員保守というわけではないので、複雑なのですが、簡単に言うとこれでいいでしょう。つまりおよそ50%のアメリカンは現実的リベラルなのです。しかし、やはり日本で同じようなことを言うと、すぐにアカということで白い目で見られてしまいます。これは、恥の文化の影響もあると思います。自分が精錬潔白でなければ、高尚なことをとなえてはいけないという、棚上げを許さない雰囲気、また、キリシタン迫害、共産主義者迫害の歴史もあるでしょう。
政治家は、共産党員で無い限り、ある程度右翼でないと、つまり少々泥をかぶった現実主義者でないと支持されない傾向があると思われます。これはいつか変わる可能性があるのか、今はむしろどんどん右翼化していっています。今は右に行ってまたなにかまずいことが起きて左に戻るのでしょうか。そのまずいことが取り返しのつかないことにならないといいのですが、60年前のように。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-30 13:22

今日は朝倉

今日は健太でしょうけど、心配です。連勝しているのをプレッシャーに感じないといいのですけど。彼はどうもプレッシャーに弱いような気がするのです。佐藤は日石時代のコーチに漫然と投げない、一球一球理由を考えて投げろという教えを守っているらしいですが、そうなら何故そうテンポよく投げれるのかというと、考えるのに時間はいらないのでしょう。やはりスポーツも限界まで行くと、天性の運動神経の上に天性の頭脳も必要なのでしょう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-30 13:07

うちの犬3

大好物のホットケーキに目が真剣です。
f0013271_1005987.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-30 10:01

これはうちの奥さんの絵。私には画才はありません、残念ながら。
f0013271_956781.jpg

f0013271_9564853.jpg

うちの犬があらわる。
f0013271_957377.jpg

あじさいとうちの犬。
f0013271_958388.jpg

f0013271_958268.jpg

実物。
f0013271_9585745.jpg
f0013271_959186.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-30 09:59

うちの犬

こうやってよく手を揃えて頭を乗っけています。
f0013271_8534787.jpg

これはちょっとずらしたところ。
f0013271_8544188.jpg

こうやって伸びてよく寝ています。子グマ座と呼んでいます。
f0013271_8554677.jpg
f0013271_8563248.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-30 09:01

かばちゃん

いやーかばちゃんすごいですね。防御率1.33なんてほとんど打たれていると感じてないんじゃないかと思います。何がそんなにいいのでしょうか。朝倉も一年目は10勝したけど、その後鳴かず飛ばずだったのに、今年復活できました。中田もいいし。やはり野球は投手力ですね。とはいっても福留の存在は大きい。あと日ハムの小笠原が来てくれたらいいのになあ。今年優勝なら落合続投で小笠原獲得のチャンスが上がるのでは?
しかし、不満なのは中継ぎとしても抑えとしても岩瀬の方がすごいのに、藤川ばっかりマスコミに騒がれてなんか腹立ちます。川上はまあ妥当に扱われていると思いますけど。サンスポにはちゃんと落合監督のコメントが載っているのに他紙にないのは何故?と思っているのは私だけでしょうか。佐藤充って砂糖蜜、すごく甘そうな名前。かばちゃんに似ているから、かばちゃんということらしいですけど、私は元のカバちゃんを知りませんので、どこがカバなんじゃと思っていましたが、覚えやすいし、かわいいのでいいです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-29 17:37

Vacation

まあ一年中、土日も祭日も関係なく働いているのですから、一年に1週間くらい休んでも罰は当たらないでしょう。もちろん論文目指しているときや、revise中はもってのほかですが。学生のときやポスドクのときは、限りのある間ですから、受験勉強みたいなもんで休めば遅くなるだけだし、そうのんびりした人はいないでしょう。しかし、facultyとなったら引退するまでこれが続くわけですから、いくら競争がはげしいとはいえ少しくらい休みをとってもいいでしょう。取った方がいいのかもしれません。奥さんがラボをはじめたばかりなので、うちは今年は休みを取っていませんが、どこかで取りたいと思っています。早くYさんの論文をなんとかして、Bさんの論文を仕上げ、Oさんの論文に取りかかりって、その隙になんとか(どこに隙が?)。私もポスドクのときはかなり実験ばかりしていましたから、休みをとるのは難しかったです。休むと実験が遅れてしまうので(止めてまた始めるのは2度効率の悪いことになります)、かえってストレスがたまり、ぜんぜん休みになるように思えなかったからです。これは今でも本当なのですが、今はcomputerさえあればどこでも働けるので、vacationとはいっても場所を変えて働いているようなものなのです。中毒かもしれませんが、成功している人は皆さん多かれ少なかれそうでしょう。よく遊んでよく仕事している人なんてどこにも見たことないです。遊んでいる人はそれなりになってしまいます、残念ながら。体力と時間が限られていますから、あぶはちとらずになってしまうのです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-29 05:30

叫び

どうも年を取ってくると、つらい時に発するうめき声が決まって来ます。
”あーつら”(アクセントはあ、あーつらいの略)というのが私のうめき口癖ですが、あと”しんどいてえー”、”づづなあー”、とか方言まじりのもあります。”うー”とか”うっおりゃー”とか、もはや人間とは思えないのもあります。特に朝早く起きて全く頭が働かない”脳がうにうに”状態のときにこの現象は起こると思われます。あと、だじゃれが絡んできて、”あーつら”と言った後、”うーツラトウストラはかく語りき”とかいう受験勉強の弊害のようなものも生まれます。’べろりんーべろりーん”という大学のドイツ語の授業の教科書ベルリンーベルリンからきた派生語とか。”ナッハデンケンってなんだろう。なにしろうめき声なのでなんとも説明分析のつかないものが多いわけです。
私の奥さんによると(私は覚えていないのですが)、私は夜中にむくっと起きて、”死ぬとこじゃった。”と言った後、また寝てしまったとか。これもうめき声ですか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-07-29 01:41

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧