今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2006年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧




M7

予想どおり勝ちました。マサはすごい。要所抑えます。MVPもんです。

http://cgi.www5b.biglobe.ne.jp/~dra/bbs/yybbs.cgi?room=force&mode=sortnew

ここに出ている阪神びいきのアナウンサーのポジティブシンキングがおもしろい。今日の負けは阪神にとって息抜きらしい。どう見ても引導を渡したとしか思えないのだけど。

明日は健太で息の根止めましょう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-30 17:39

決戦ーM7へ

初戦は落としましたが、こちらにはまだノーヒッターのマサがいます。今日こそ阪神を叩きのめし引導を渡したいところ。一つ勝つと2つマジックが減るので、今がお得ですよ。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-30 06:12

Best places to work

The Scientistsという雑誌のbest places to work in Academia in 2006でSt. Judeがtopにランクされました。

Results of the "Best Places to Work in Academia 2006" Survey Announced
www.the-scientist.com/bptw

The top 15 US academic institutions are:
1. St. Jude Children's Research Hospital, Memphis, TN
2. The J. David Gladstone Institutes, San Francisco, CA
3. Ohio State University, Columbus, OH
4. Vanderbilt University, Nashville, TN
5. Calvin College, Grand Rapids, MI
6. Trudeau Institute, Saranac Lake, NY
7. Michigan State University, East Lansing, MI
8. University of Florida, Gainesville, FL
9. Fox Chase Cancer Center, Philadelphia, PA
10. National Institutes of Health, Bethesda/Rockville, MD
11. Georgia Institute of Technology, Atlanta, GA
12. University of Delaware, Newark, DE
13. Stanford University, Stanford, CA
14. Wayne State University, Detroit, MI
15. Donald Danforth Plant Science Center, St. Louis, MO

ちなみにカナダはこれ。私の昔いたUBCもランクインしています。
The top 5 Canadian academic institutions are:
1. Dalhousie University, Halifax, Nova Scotia
2. University of Alberta, Edmonton, Alberta
3. McMaster University, Hamilton, Ontario
4. University of British Columbia, Vancouver, British Columbia
5. University of Calgary, Calgary, Alberta

英国はこれら。TさんのいるDundeeもありますね。
The top 10 UK academic institutions are:
1. University of Cambridge, Cambridge, England
2. University of Leicester, Leicester, England
3. Oxford University, Oxford, England
4. University of Dundee, Dundee, Scotland
5. University of Glasgow, Glasgow, Scotland
6. University of Manchester, Manchester, England
7. University of Nottingham, Nottingham, England
8. Imperial College London, London, England
9. University College London, London, England
10. King's College London, London, England

しかし、なにがそんなに他を押さえるファクターになっているのか?こういうのって嬉しいのか悲しいのか。境遇がいいと人に言われるのはプレッシャーなだけじゃ。。。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-29 05:21

安倍内閣支持率

内閣できたばかりの支持率っていうのは期待値っていうことでしょう。それなら、私だってYesといいます。どんなこと言ってようが日本の政治うまくやって欲しいですから。つまり、できたばかりで支持率が高いのは当たり前。そうでないのは問題外というか民主主義政治とは言えません。当たり前のことがやっと最近できるようになったということでしょう。しかし、高すぎるのも考えもの。いろんな意見があっていいはずなのに、モノポライズされるのは健全でない。まあ、本当はいろいろあるけど、Yes or Noというのなら、まあYesということでしょう。そういう雰囲気を読むという習慣も日本人にはある。ひとりだけNoというと変わりもの扱いされるから、そういう乗りだよ、今は。愛国、嫌韓中がはやりよ、みたいな。ひとりで昔の左翼みたいなこと、特に旧社会党ようなことなんていおうものなら、白い目で見られそう。
朝日新聞だけが左翼、産経、読売が右翼、あとは中立みたいなマスコミもなんとかならんものか。私の”常識”からするとマスコミは常に政権には批判的でなくてはならないと思うのですが。たとえそれがいちゃもんであっても、マスコミの役割は政府権力の監視なわけですから、もうそういうもんで読む側もわかっているというのが健全だと思うのです。ああまた朝日が言っていらあ、ということで良いのではないでしょうか。その中でこれは本当にまずい、これは放置してはならぬというのを読者が判断するという形でいいじゃないでしょうか。産経は逆側(右側)からそうすればいい。迎合、なれ合いはいかん。マスコミが政府に同調したら罰することにしたらどうだろうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-28 23:10

美しい国

この美しい国という言葉は、政治家の言葉としては確かに目新しいし、私のように外国に住んでいると、このような言葉を聞かされると、日本の美しい田園風景が心に思い浮かびます。日本は確かに美しい国です。しかし、どうも私のようなへそ曲がりは、なんというかこの言葉には右翼的な発想の根源が隠されているような気がしてなりません。人に例えると、素晴らしい人々って言っているのと同じようなもので、選民思想的な印象が隠しきれない。政治家は日本を愛すべきでしょう。しかし、愛国心=右翼とは限らない。その当たりのところが、前にも述べた日本におけるリベラル=眉唾のバックグランドが大きく働いていると考えられます。しっかりした現実的りベラル派の政治家が見当たらない。
愛国心を教えると言いますが、どの歴史の愛国心を教えるのか。どうも武士=日本の心のようになっているようですが、前にも言ったように日本人のほとんどは農民だったはずです、農民の歴史、商人の歴史、職人の歴史、部落の歴史、僧侶の歴史、神官の歴史、皇族の歴史、どれも立派な伝統のある日本の思想を伝えるもので、しかも、互いに全くことなるはずです。地方によっても違うと思います。名古屋には反江戸の歴史があり、大阪にも違うかたちのそれがあります。京都でも福岡で違うでしょう。そんなものいくらテンプレートが必要だからといってひとからげに教えれるものなのでしょうか。宗教を教育すると言って、数ある宗教の中から一つを選び出して教えるようなものなような気がします。そんなものテンプレートになるんでしょうか。単に政治家に都合のいい種類のものを押し付けるだけになる懸念もあります。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-28 16:13

うちの犬

うちの犬また昨日も寝言をいいながら、脚を動かしていました。”どうしたの?”って聞いてもまったく無視して、”うおうおう”いいながら、歩いています(歩いているつもりで横になって脚を動かしている)。うちの奥さんと私がふたりとも同じ部屋にいるときはほとんど近くにいます。我々が違う場所にいるときは、どちらかの方にいるか、一人で寝ることもあります。でも、二人が一緒にいると必ずやってきます。なんなんでしょう。焼きもちなのか、集合の法則でもあるのか。えさ(おかし)も二人のうちのどちらかがいないと食べません。外出する時にひとりぼっちでかわいそうだと思って、犬用のおかしをあげるのですが、もらっても帰ってくるまで食べないことが多いのです。帰ってくると、はっと思い出したように、どこかにおいてあったおかしを取りにいき、ばりばり食べ始めます。誰かいないと食べないという法則があるのでしょうか。犬と話ができるようにいつかなるといいのですが。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-28 07:03

M10

M14朝倉→岩瀬→岡本→憲伸→服部→井上→平田→川相→井端→渡辺→アレックス→立浪→荒木→福留→高橋光M=0=優勝
M10は服部さんらしいです。KKさんはこれは全部覚えているそうです。すごいファンというか、だてに東大は出ていない。私も出ていませんが。否、彼女は出ているのです。日本語は難しい。
うちの奥さんもよく背番号よく覚えている方ですが、私はどうもこういう暗記はだめですね。ごろを会わせないと数字は覚えられません。死神岩瀬は13とか、やれば覚えられるのですけど。今日は、昨日ほとんど寝ていないので眠いです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-28 03:51

ふー

一昨日やっとYさんの論文投稿しました。C誌にrejectされたときのcommentsをaddressしてCC誌に出しました。C誌のEditorにはMCかDC誌にsubmitしてもいいよと言われたのですが、CC誌にトライすることにしました。それほどインパクトファクターは変わらないと思いますが、研究の内容からいってgood audienceが期待されるからです。まあCC誌だめだったらGG誌かMCかDC誌という順序でいいでしょう。
今はNIKのグラントと同じくらいの大きさのグラントを書いています。締め切りまであと3週間しかないので焦っていますが、M誌からreviewを一つ頼まれていますし、LさんからEMBOに投稿する論文を見てくれと頼まれていて、かなりhecticです。
早くPさんの論文にもとりかからないといけないし、promotion seminarの準備もあります。あんまりこういうことを考えているとパニックに陥るので、ひとつひとつ近い締め切りのものからやっていくしかないのですが、この締め切りっていうのが結構厄介で、この方式でいくと重要なのに締め切りの特にないものが後回し(たとえば論文投稿)になってしまいます。従って、自分で(ある程度フレキシブルではあるけど)締め切りを作ってやるしかありません。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-26 17:27

村上春樹氏

村上春樹氏、フランツ・カフカ賞に続き、ランク・オコナー国際短編賞を受賞のこと。前にも書きましたが、村上春樹氏の作品とは感性が合うような気がします。そうたくさんの人に思わせるのが名作なのでしょうけど、個人的には嬉しいです。
カフカ賞の2004、2005年の受賞者はいずれもその年にノーベル文学賞を受賞しているとのこと。村上春樹氏もノーベル賞もられるといいのですが、もうすぐ発表ですね。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-25 15:39

指揮官

阪神から3ゲーム差まで追い上げられて、嫌な感じです。しかし、落合監督いっこうにいらだったり、危機感めいたことを言ったりしません。
本当に何も感じていないのなら、悟りを開いちゃっているのでしょうけど、感動的な勝利のときには喜んでいるのですから、そうではないのでしょう。
こんなとき指揮官はどーんと構えていないといけないと考えているのだと思います。
本当は自分も辛いのに下のものをencourageしなければなりません。動揺をみせてはならないのです。トロント大のMTさんもそういっていました。”指揮官=PIはつらいよ”です。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-09-25 13:10

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧