今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧




フセイン

日本での死刑執行について昨日書いたのですが、ちょうどフセイン元大統領が処刑されたので、一言。昨日書いたのはあくまで一般人に向けてのもの。フセイン元大統領の処刑についてはまた別です。ただ政治犯にしては少し早い執行だったのではないかと思います。彼しか知らないような国家的秘密はすべて明らかになったのでしょうか。今は何も言わなくても数年後には口を開くということもあるでしょうに。

柳田先生のブロクで最高の賞賛とありましたが、私が言ったことだったので大変嬉しく思っています。正確には、先生の生き方はロックンロールだったんですね、だったのですが、私以外にも同じ事を言った人があるのかもしれません。答えは、よくわかっているじゃないの、でしたが。しかし、先生が文化功労者になるのは、ミックジャガーがナイトの称号をもらうようなものだと、余分なことは言わなくてよかったかもしれません。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-31 12:24

死刑執行

前にも述べましたが、私は死刑制度には反対です。えん罪が絶えないからです。Cold caseという番組がこちらにはありますが、最新鋭のPCRによるDNA鑑定法で何年も前にお蔵入りになっている未解決の事件を掘りお越し解決していくのです。未解決の事件だけでなくえん罪もたくさん見つけています。日本に比べて犯罪者に甘いアメリカでもこれなのですから、日本なんかもっとたくさんえん罪がある/あったでしょう。
また新たな鑑定法が開発されて真犯人が見つかるかもしれない。タイムマシーンでもないかぎりは絶対的な証拠なんてないんです。重罪人は無期懲役でなく仮釈放や恩赦のない終身刑にすべきです。

前大臣が死刑執行をしなかったのは、私は立派な政治判断だと思います。死刑執行を認めるのも法律なら、大臣に死刑を執行させない権利を与えているのも法律です。死刑を執行する政治家を選ぶか、しない政治家を選ぶか選挙で選べるわけですから、民主的でもあります。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-29 19:59

年末

日本では年末のようですが、いやこっちでも年末ですけど、なんというかそういう季節感がないです。こちらではまだクリスマスのデコレーションが飾ってありまして、もうそういうのは終わりっていう感じです。元旦が終わると2日から普通の日に戻るので、日本より少し早く休みは終わり。そもそも休みの日というのはクリスマスと元旦の二日しかありませんので、有給休暇を取らない限りは休みではありません。今の時期に休むのは、飛行機も車も混むのであまり賢い選択ではありません。ポスドクの方は勿論そんなの関係なく働いていますが、テクニシャンの方には、ふたりいるのですが、ずらして休みを取るように頼んでいます。こちらでは新年を迎えてから今年の反省をします。私もそうしようかなと思っています。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-29 19:47

3億8千万

岩瀬投手、予想通り、川上投手より上の3億8千万でした。4億いくかと思いましたが、これで福留も3億8千万か4億かというところでしょうか。野球の場合は指導者である監督の給料の方が少ないから面白いですね。どうしてでしょう?監督も誰でもできるわけではないのに変ですよね。星野監督なんて選手より人気あったと思うので彼はもっともらってもよかったと思うのですが、長嶋監督はもっともらっていたのでしょうか。

金本選手が5億5千万とは。。。投手の方が割安感があります。続けて成績を出した方が上がるシステムでは野手有利ですね。岩瀬投手が球界最高の給料をもらうべきだと思いますが、FAしてあげてもらうしかないのでしょうか。

立浪1億2500億円ダウンでサイン
2006年12月28日(木) 13時19分 日刊スポーツ
いや、すごいダウンです。2500億円とは。
[PR]



by Katsumi_kitagawa | 2006-12-28 07:29

直接の関係は認められない?

一方、阪大はデータ改ざんを訴えた助手が9月に自殺したことについて、教授による論文の捏造問題と直接の関係は認められないとしている。(アサヒコムから)

ちょっと待ってよ。そんなバカな。ちゃんと調査したのかよ。いじめによる自殺の学校の対応と一緒じゃねえか、これじゃ。直接の関係の証拠なんて出るわけないだろう。状況証拠で判断しろよ。刑事裁判だって状況証拠で有罪判決が出るのに、飽きれてものも言えん。

多比良教授の代理人の弁護士は処分について、「実験担当者ではない教授を懲戒解雇とし、法的な責任を問うことは妥当ではない」とするコメントを発表した。(アサヒコムから)

これは確かに珍しいケースというか厳しい処置。教授に責任はあるが、欧米では普通は解雇にはならないと思う。外様だから切られたと見られてもおかしくないのでは。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-27 20:23

居心地のいい研究室

良いラボを維持するためには、良い人をリクルートせねばなりません。良い人を取るためには、人気のあるラボにならないといけません。人気のあるラボになるためには、あまり居心地が悪いとダメでしょう。これは当たり前です。しかし、あまり居心地がいいのは困りものです。テクニシャン以外は、学生さんにせよ、ポスドクにせよ、日本では助手、助教授にせよ、いずれは出て行ってもらわなくてはならない方です。というよりは、むしろ成功を納めた人ほど早く出て行くという構図になっているのです。おしむらく出ていくのが一番いいわけです。皆さんにちょっと背伸びをしている状態、つまり自分を鍛えるくらい精進をしてもらっている状態、ずーとやるのはしんどいけど、数年自分を伸ばすためならという状態を保っていただけるのが一番いいのではないかと思っています。ある程度の期間一緒に働けば、どのくらいの能力があるのかはわかります。それでその人が少し大変かなと思うくらいのことを要求するのが彼、彼女にとっても私にとってもいいことであると考えます。それができない方には止めてもらうしかありません。なにしろ、緊張感を保って、まんねりにならないように懸命に実験、研究をしてもらう、ある一定の時期が来たら、達成しようがしまいが、出て行ってもらう、このように考えています。このある一定の時期というのが、問題です。近頃はどんどん期待される仕事のレベルが上がって来て、1、2年ではなかなか一流紙には出ません。3、4年はざらで5、6年が平均という感じでしょうか。5年ポスドクの経験がないと取らないというポジションもあるくらいです。これどこかで止めないとそのうち一報出すのに10年かかることになってしまいそうです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-27 13:00

クリスマス

今日はクリスマスですが、特に私はすることもありませんので、仕事をしています。ラボの方にも何人かは来ているでしょう。家族のない方は同じような境遇でしょうから。UCSDでお話したICさん、例のsuperoutstanding postdocですが、彼はアメリカ人なのに、”クリスマスはラボに人がいなくて実験しやすい。共通の機器がすべて自分のものだ。”と言っていたそうです。優秀な日本人ポスドクみたいです。やはり例外はなくハードワーカーは結果を出しているのだなと思いました。彼のような優秀な人でさえもそうなのです。まして我々をやです。

ジェームス•ブラウンさん(James Brown)が亡くなったとCNN のトップnewsに出ていました。肺炎だそうです。音楽に疎い私でも彼のことは知っています。A legend diesとあります。今年のMemphisであったジャスフェスにはサプライズで登場したと聞きました。どんどんこのくらいの年代の方が亡くなります。当たり前なのでしょうが、これも死を覚悟するためのプロセスなのでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-25 19:11

海外出張

いいかげんに海外出張を贅沢な海外旅行のように批判するのはやめてくれませんかね。昔じゃあるまいし、ほとんどの日本人は海外旅行を経験しているでしょうし、大企業に勤める会社員だったら海外出張はしょっちゅうでしょう。仕事なんですから、遠いだけでしかも、外国で大変なだけです。共産党がマスコミと結託して石原知事の4男を批判しているようですけど、時代錯誤というか、もう全然わかっていない。何週間もヨーロッパに滞在するのがどんなに大変かわかっているでしょうか。日本にいるのが一番の贅沢なんですから。逆ですよ。逆。
スチュワーデスが日本ではトップの職業のようにあがめられているけど、あんなのウエートレスよりもしんどい給仕ですよ。国際線なんて狭い機内に長い間閉じ込められてろくな労働環境じゃない。英語ができるっていうだけでしょう。アメリカ人なら誰でも英語話せるわけですから、こっちではパイロットも平均年収2万5千ドルくらいらしいんですから、スチュワートなんてそれより低いはずです。
石原知事のことは好きではないですけど、ばかばかしいにもほどがある。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-25 01:49

剣は銃よりも強し

どうしても日本人は武士が好きのようである。銃がはやらなかったのはなんでだろう。江戸時代に同じような道を発達させることができなかったのはやはり銃は卑怯というイメージがあったのであろうか。実践ならどう考えても銃の方が強いはず、これの技術なりを工夫するか、精神面を研究することも可能だったはずである。なぜ銃道なるものはできなかったのか。飛び道具は卑怯というなら弓道はどうなのか。謎だ。
決闘というと必ず剣術の試合だ。ここに弓を持ち込んでもいいのだろうか。単なる私闘なら、なんでもありの戦いなら銃でもいいはずである。銃に対する規制が原因の一つなのだろうか。手に入りにくいから、つまり銃=戦=反逆ということになり、お上には逆らわずに戦闘技術を鍛えなければならないという矛盾した社会構造が生み出した結果かもしれない。でも、それだけではないような気もする。ジャンプのマンガでも武士タイプのものは絶えない。ジェダイの騎士もだ。これはアメリカ産だが、スターウォーズは黒沢映画のリメイクだし、ジェダイの騎士は武士である。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2006-12-24 20:00

持病とデータ

私の持病でシリアスなものは高血圧か。これはおそらく遺伝。降圧剤を飲んでいるけど、あまり下げるとつら過ぎて働けなくなる。他の同僚に尋ねると私も私もとたくさんのPIが高血圧のようだ。いらいらするのが良くないのはわかっているがどうしようもない。最近はあまりいらいらしなくなった。ラボのメンバーの人数が多くなって、誰かは良いデータを持ってきてくれるからかもしれない。しかし、これではまずいのかもしれない。のんびりしている人は本当にのんびりしていて尻をたたかないと進まない。のんびりしているわけではないのに全然進まない人はおそらくやらなくてもいいことに淫しているのだろう。我々の研究はほとんど時間との戦いだ。ある人しかできない実験なんてほとんどない。要領よく数をこなして、道を見つけて仮説を立て、証明していく。短いタームでみれば数時間の差でも数年となるとかなりの差がつく。ちょっとした習慣ややり方の違いで大きな差になることはままあることである。
[PR]



by Katsumi_kitagawa | 2006-12-23 07:07

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧