今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2007年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧




赤ちゃんと犬

モクとうちの犬を連れて散歩していると人によって、赤ちゃんに声をかける人と犬に注目する人の2種類に別れます。どちらも私自慢のかわいい赤ちゃんと犬なのでどちらにちょっかいを出したくなるのはわかりますが、私の経験では、女の人は老人大人子供にかかわらず赤ちゃん、男の人は犬に注目します。それほど驚くべき発見ではないですが。
f0013271_1283270.jpg

f0013271_1285541.jpg

f0013271_1292291.jpg

f0013271_1294421.jpg

f0013271_1210685.jpg

f0013271_12102912.jpg

f0013271_12105156.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-29 12:10

契約

ドラの有力選手たちが契約交渉でもめているようですが、そもそも契約が決まるまでの過程を公にしていることが異常な気がします。契約が締結されて内容を発表するならわかりますが、途中でこんな条件だったから、サインしなかっただのどうだのと何故公表するのか私には理解できません。なんだかこういうことを知りたがるのもトラブルを見るのを嬉しいと思う野次馬根性なものを感じます。
前交渉というものがあるなら、すべて整うまで非公開でやって、サインした後でのみ記者会見を開けばいいのに。一ファンとして選手が球団ともめるのはいたたまれない気持ちになります。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-28 02:46

iPS

iPS(induced pluripotent stem)細胞の確立というのが日本では話題になっているようですが、他の科学的な発見がさほど話題にならないのにこれだけ何故?と奇異な感じもするのですが、日本人が先駆したというので騒いでいるのでしょう。
私から見るとこの発見はコロンブスの卵的なもの、それから、一昔前に話題になった低温超伝導の競争を思い出します。
科学的な発見というよりは医学的な技術的進歩に貢献するものに近いのではと思います。勿論、これはノーベル賞の受賞対象になりやすい業績です。
医学というのは目的がはっきりしている。こんなことがしたい、それまでの知見に基づいたり、あるいは常識に反して、いろいろ試してみる。なんだか理由はわからないが上手くいったということが多々あるわけです。こういう考え方は基礎科学のその論理的体系的な成り立ちととはかなり違うわけであります。私は卑しくも基礎科学者として学位を取ったわけでありまして、それを目指してきたのですが、けっこう山中さんのギャンブル的な思考発見の仕方は好きでありまして、もしかしたら、これこそ私の望むところだったのかもしれないと最近は思いはじめています。
病院にいますから、医学的研究に常に囲まれていますし、なんらかの形で基礎研究を医学的発展に結びつけれたらいいかもしれないと考えています。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-27 03:24

モク vs うちの犬

モクがうちの犬を認識し始め、さわりたがります。犬の方はおっかなびっくり。気だてがいいので怒りませんが、とても嫌なようです。



ちょっとかわいそうかも。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-27 02:20 | 赤ちゃん

Christmas

Christmasはこちらでは当然休日ですが、私はキリスト教徒ではないので特に何もしていません。モクが大きくなったら、どうでしょう、来年はもうbig enoughでしょうか、ツリーを飾り、ケーキを食べるくらいはすると思います。そうそう、プレゼントをあげないといけないですね。
Bushが大統領になるくらいまでは、キリスト教徒でないマイノリティーのことも考慮し、ChristmasではなくHoliday seasonと表現するリベラルな考えが一般でしたが、近頃はキリスト教保守的な考えが盛り返し、あえてChristmasとするということが増えてきました。これはたとえばTVのコマーシャルとかの話です。このChrismasを公の場に取り戻すに当たって、保守派は色々な運動を行うのですが、この中の一つに目に余るものがありました。政教分離の観点から、(州によるが)公立の学校ではキリスト教に関する歌を歌うことを止めていたのですが、キリスト教徒の(親を持つ)子供たちが、”どうして学校ではクリスマスソングを歌ってはいけないの?”と悲しむ様子を描き、まるで表現の自由を奪われたナチ政権下のような目に合っているというコマーシャルなのです。おいおい、それ違うだろうって思うんですが、もうこんなのに洗脳されて、あえてクリスマスソングを歌う運動なんてなっちゃったりしていたわけです。というわけで、これまで私はクリスマス的な活動は一切していなかったのですが、モクのためにはそうも行くまい。日本のように慣習としての行事ととらえようと思っています。

デイケアーでもらいました。これにはHappy Holidayとありますね。
f0013271_14531982.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-26 12:57 | 日常

Christmas party

昨日はdepartmentのChristmas partyがありました。
モクは人気ものでした。
これはpartyに行く前、daycareでもらったプレゼントと。
うちの犬のような縫いぐるみについたでっかい靴下にMokurenと書いてあります。
f0013271_1524495.jpg

f0013271_1584134.jpg

Partyにて。Bさんの奥さん。
f0013271_159131.jpg

誰でしたっけ?
f0013271_1595075.jpg

f0013271_15103559.jpg

f0013271_1511033.jpg

f0013271_15112859.jpg

彼女も妊娠しているそうです。
f0013271_15121489.jpg

うちのchair私のボスです。
f0013271_15132113.jpg

f0013271_1514152.jpg

f0013271_1514478.jpg

帰りのカーシートで寝ちゃいました。
f0013271_15152078.jpg

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-23 15:16

塩せんべい

日本滞在中に固形物を食べれるようになりました。
塩せんべいをおいしそうに食べます。

なんでも食べる良い子。

[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-22 18:11 | 赤ちゃん

Jet lag

モクちゃんの時差ぼけで困り果てています。夕食後、風呂に入って、おっぱいを飲んで寝るのですが、旅行前はそれから数時間寝て、一度おっぱいに起きて、それから朝までぐっすりだったのですが、帰ってきてからは1時間ごとに目を覚まし、朝方でかけるころに瀑睡。Daycareでも午前中寝ているようです。困った困った。日本にいたときはすぐに時差に適応したのに。おどろくべきことは私は全く時差ボケを感じないことです。それどころではないからかもしれません。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-22 00:35 | 赤ちゃん

Return home

行きの飛行機よりもモクはぐずっていましたが、それほどのトラブルもなく帰宅することができました。しかし、日本は遠いです。たくさんの荷物があったので税関で検査されましたが、おとがめなし。モクはさずがに疲れたのか昨晩はぐっすり寝たようです。
3週間ぶりのdaycareでは保母さんがだっこするとヒコヒコ顔になり、泣き始めました。もう忘れてしまったようです。ずーと日本人の顔ばかり見てましたから、びっくりしたのでしょうか。しかし、5分もすると慣れてニコニコしていました。
さて、これから世間はホリデーシーズンですが、私はこれからやらなければいけないことがいくつかありますので、休みなしです。これまで休んでいたので当たり前なのですが、といっても休憩していたわけではありませんので、辛いことは辛いのですが、昨夜Memphisについたとき景色を見てホットしました。外国とはいえ、数年も住んでいるとやはり私にとってはMemphisがhomeなわけです。長期間の旅行は自分が普段住んでいる環境の重要さを再認識させてくれます。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-19 04:19

帰国

明日アメリカに帰国です。今回の旅行では、柳田さん宅も訪問できましたし、札幌にあるO先輩の研究室も訪問できました。Mitosis関係の方々とも交流できましたし、以前St. Judeにいらした研究者の方々にもお会いできました。発表後質問もたくさんありましたし、実りあるものだったと思います。それから、モクを親戚や友人に会わせることができました。明日またロングフライトをモクが乗り切れるかどうかが心配ですが、そのために今日はしっかり休んでおかなくてはいけません。24時間一睡もできない可能性もあります。
これから荷造りです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2007-12-16 14:58 |

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧