今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧




No, No, No.

どうやらモクちゃん先生におしかりを受けまくっているようで、最近No, No, Noと指をさしならが、言うようになりました。うちの犬がモクちゃんのぬいぐるみを間違えてかんじゃったりしたとき(犬用のぬいぐるみと、モクちゃん用のがある)、えらそうに指をさして、No, No, Noと犬に向かっていいます。うちの犬はおりこうさんですから、Noと言われたら、かむの止めます。どうやら英語から覚えはじめているようです。早く日本語のテレビをなんとかせんといかん。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-31 06:25 | 赤ちゃん

遺伝子と保守化

S誌をなんとなく眺めていたら、日本語だと行動科学というのでしょうか、その記事にリベラルか保守になるのも遺伝子で決められるのかもしれないと書かれていました。最近の何百人もの双子を調べた記事は選挙で投票するかどうかが遺伝的に決められているかどうかというものでしたが、そのイントロにそんな以前の解析もあるのだと書かれていたのです。真偽のほどは更なる研究結果を待たねばならぬでしょうが、誰か老化と保守化の関係についても調べて欲しいのものです。特に脳が老化すると保守化するのではないかというのが私の作業仮説です。若いうちから保守的なことを言う人は分子レベルでも脳が老化しているのではないかと推察します。誰かやってくれませんかね。
そのS誌にですが、Gさんの論文を投稿すべく格闘しております。明日までにGさんにチェックしてもらったら、同じ分野の研究者に送って投稿前にコメントをもらおうかとおもっています。忙しくてできないといわれたら、まあ、そのまま投稿することになるかもしれません。
タイミングよくJC誌からreviewを頼まれました。もう少し早くても遅くても忙しくて断っていたかもしれません。なんとタイミングのいいこと。私のスケジュールが漏れているのではと疑いたくなります。まあ、グラントの締め切りとか大学のスケジュール、学会の日程とかである程度は予想がつくのですけれど。なんにせよ、一息つく暇もないと言った感じです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-31 06:02 | 日常

イチロー3000本安打

イチローの3000本安打が出てほっとしています。マサの200勝と重なって、記事の扱いが小さくなっちゃたらどうしようと心配していたからです。タイトルと違って200勝は一回しかチャンスがありませんから。
イチローはホームランを狙っていたと言っていましたが、明らかに彼は区切りでは毎回狙っています。そのせいでもたつきますが、たいていうまくいっていません。その点、落合監督はすごすぎます。彼は安打ならいつでも打てると豪語していただけのことはあります。500本、1000本、1500本、2000本と区切りのいいときはすべてホームラン。1000試合出場、2000試合出場の時もです。いくら安打に対するホームランの率が高いといっても(21%)偶然ではありますまい。逆にイチローがホームランをねらったというのがわからない。彼の流儀を守るなら、全く気にしないか、むしろ内野安打を狙って欲しいです。
なんでもいいです。オールスターなんかどうでもいいですから、マサの登板を早く。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-30 23:46 | 野球

王手

山本昌選手、とうとう199勝まできました。思えば、およそ15年前、巨人の3本柱、斉藤、桑田、槇原に対抗して中日の山本、今中の左右のエースが活躍。この5人の名投手の中で果たして誰が昌のみが残って200勝に到達すると予想できたでしょうか。まさかのマサとよばれ、11点リードしていながら9回に9失点したけど、完投勝利なんてこともありました。一昨年の阪神とリーグ優勝のデットヒートの中での直接対決でのノーヒットノーラン達成。去年こそ2勝しかできませんでしたが、今年は余裕を持って200勝達成できそうです。イチローじゃありませんが、200勝で終わりと言わず、300勝狙って欲しいものです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-28 23:31 | 野球

オバマ批判

またまた例の保守系ラジオでのオバマ批判。オバマさんなんでかしりませんが、合衆国の国旗、つまり星条旗ではなく、同じ色の組み合わせですが、もっとセンスの良いロゴをドレードマークとして使っています。これがなんと攻撃の対象になっているのですねえー。国旗を使っていないから、愛国心が足りないなどと言っているのです。私はこれを聞いたときにはブーっと吹き出してしまいました。おいおい、アメリカ愛していない人間は大統領候補になんか死んでもならねえーよ、バッカじゃねえーのって思いません?これだから、共和党寄りのラジオ番組はおもしろい、いや、違ったとんでもない。
それから、今日タイヤがパンクしたのでディーラーに行ったのですが(タイヤのバンクだけならタイヤ屋に行くけど他にも直して欲しいところがあったのでついでに)、待合室で待っているとき、そこで保守ばりばりっぽい中年の白人とインド系の青年がなにやら議論しているのが聞こえてきました。Eco lawについてです。その白人親父は民主党が提案しているこの環境保護のための法律が成立すると、自動車にかかる税金が高くなるといって怒っています。彼等にとっては生活にかかる問題ですから、まあ、気持ちはわかります。青年の方は環境のためだから仕様がないだという意見。で、おっさんは彼等は我々が普段聞いた事もないような生物種の保存のためだといっていると、誰がそんなの気にすんのみたいな。学がないのか、あるいはあるけどねじまがっているのか。で、青年はそういうのを守らないと人類にも良くないんだっていうと(そんな当たり前のこといちいち言わなきゃいけないのかと私は思いましたけど)、おっさん、そんなのどうしてわかるんだあー、奴らの言う事なんか信用できねえー。その生物種の名前、ひとつでも知ってるのー?知らないよねえー。だって。まるで、科学者のいうことなんでまるで信じようともしなさそうな勢いでした。これだから、アメリカでは環境を守る法律が整備されねえーんだよ。この頑固じじーたち、本当にやっかいです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-25 13:44 | 社会

はじめての言葉

モクがママとかパパ以外に使い始めた言葉がいくつかあります。その中で一番早かったのはなんと”オッオー”です。これはこちらではやっちゃたーとかアレレーみたいなときに使います。対応するのは、”あーあ”みたいな感じじゃないでしょうか。
つまり、モクの周りにいる大人の皆さん、たぶんデイケアーの先生たちでしょうけど、がモクちゃんを見て頻繁にこの言葉を使っているからなのです。と、先生たちも、そうだと笑っていました。モクちゃんだいぶんと問題児のようです。。。
最初はなんでもオッオーって言っていましたけど、最近は使い方がだんだんわかってきたみたいで、ものを手から落としたときとかに使っています。
あとハーイと言って、手を振ります。バイバーイのときには手を開いたり閉じたりします。おもしろいのは鞄のヒモを肩にかけるとバイバーイというのです。デイケアーから帰るときモクの物を入れた鞄を肩にかけて先生達のバイバイしていたので、そう覚えたのでしょう。間違ってはいませんけど。。。部屋に置いてある鞄を見つけてヒモを肩にかけては一人でバイバイしています。かわいいから許しますけど。
あと、コーですね。うちの犬の名前の前半。おもしろいのは、うちの犬に限らずどんな犬でも犬を見ると、必ずコーといいます。絵でも写真でもです。正確には犬らしきものかな。雪だるまの絵を見ても言ってましたから。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-24 12:05 | 赤ちゃん

お金

最近、もっとお金があったらなあーってよく思います。昔はお金なんて必要だけあればいいやと思っていましたが、その必要っていうのが果てがないからなのでしょうか、もう少しあればなあと思います。
少しではなくて極端な話になりますけど、もし何億もの私的なお金があれば、間違いなく効率よく研究生活が送れるように使うでしょう。そうですね。メイドを雇って家事をしてもらうとか、車も運転してもらうとか。それで出来る限りのエネルギーと時間を研究とそれから育児に使いたいです。つまり、私しかできないこと、あるいは私がやらなければ意味のないことをなるべくしたいと。仕事場では合理的にそれぞれの才能を生かすように、PI(指導者)にはPIの仕事、テクニシャンにはテクニシャンの仕事、秘書には秘書の仕事、をしてもらうようになっています。私はPIになりたてのころはいろんなことを自分自身でやっていました。その方が早いっていう理由もありましたけど、長期的に見るとそれはよくないと決心し、分担を徹底して自分は自分しかできないようなことしかなるべくしないようにしようとするようになりました(おーすごい長いひらがな)。そうですね、たとば、これコピーして、とか、タイプしておいてとか。旅行の準備、そういう届けの記入とか、細かいことでもつもれば山となりますから、かなりこれは時間とか労力的にセーブされているのではないでしょうか。
同じような考えを私生活にも適応したいわけです。お金を儲けるために研究しているわけではないですから、お金があるなら、すべてそれを研究がうまくできるように使いたいと思うのは自然な流れです。実際、establishした研究者が高い給料をもらってすることといったら研究所からあまり遠くない大きな家にお手伝いさんを雇って住むくらいのもんでしょう。運転手までいる人はあまりいないとは思いますけど。
じゃあ、なんでブログなんて書いているの?って思う人がいるかもしれませんが、私のブログは私しか書けませんから。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-23 14:02 | 政治

うんざり

グラントのコメントが返って来たので、どう対応しようか頭を悩ましています。3人の意見はまちまち。ひとりは何の文句もなし。2人目は少し。3人目はこれでもかというくらい批判の嵐です。とすると、3人目のコメントをすべてなんとかする、つまり、言われた通りに実験したり、書き直したりするか、あるいは、彼の言っていることを否定するかです。勿論、その場合は証拠を示したりして、論理的に反駁しないといけません。
どう対応するかで次の締め切りまでに何をするか決まっていますから、何度も何度も読んでうーんとうなっています。何事も簡単ではありません。
Gさんの論文ですが、やっと駒がそろいましたので、もう少しです。後は論文を提出できる形に仕上げて、同じ分野の何人かの研究者に見てもらい、彼等の意見を聞いてから、手直しして投稿です。それだけでもこれから2−3週間はかかるでしょう。これもまた簡単ではありません。一流のとこに出すにはそれなりの苦労がいるということです。苦労しても受諾されるかどうかはわかりませんが、しなければ論外というわけです。
Nさんの論文はやっと8合目でしょうか。そろそろ全体が見えてきて、あとはなにをしなくてはならぬかわかってきたところ。これはshortで出そうと思っています。Impactはあるでしょう。
あとBさんの論文は返事待ちです。私としてはこれはもう捨てたいくらいなのですが、そういうわけにもいかず。JS誌に苦労して載ってもなあーってはじめからやる気ないですが、これもpain in my ass です。
愚痴ばっかりですいません。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-23 13:40 | 日常

198勝

うれしーい。なにがうれしいかって、昌が勝つ事が一番。あと2勝とは本当に現実味が帯びてきました。あの桑田真澄投手でさえ到達できなかった。野茂投手でも日米通算201勝。昌の場合年齢はいっているけど、投球はまだまだいけそうでの到達になりそうです。この調子でとんとんと2連勝いってくれないかな。昌が200勝できれば、今年は優勝なくてもまいっかって気にもなります。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-22 00:29 | 野球

No more Nomo

同じ年に渡米したのもあって、野茂選手のことは常に応援していました。何度も試合を見に行きました。印象に残っているのは、ピッツバーグに見に行ったときのことです。雨で試合が流れて、仕方なくダウンタウンのホテルに泊まり、シフト登板かどうかもわからず、試合を見に行ったのですが、運良く野茂投手が投げてくれました。しかし、まだ小雨が降っていましたので、ビニール袋見たいな雨よけの服をもらって傘をさして試合観戦。客は僕と奥さん以外、なんと誰もいません。バックネット裏に我々はぽつんと座り、野茂投手は(当たり前ですけど)こっちを向いて投げています。なんだか、日本人3人じーっと座って見つめ合っているようでとっても変な感じでした。野茂選手も覚えていてくれるんじゃないかと思います。もう一つの試合は初めての日本人対決、野茂対イチローです。日本のTV局に呼びとめられてインタビューしてくれと頼まれました。いきなりデットボールでびっくりした覚えがあります。あの頃はまだ警備が厳しくなくて、早くから球場に入ることができて、練習の様子をすぐ近く(10m以内)で見る事ができました。
野茂選手にはおつかれさまと言いたいです。まさに名前通り英雄だったのではないでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-07-19 00:24 | 野球

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧