今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧




ボール遊び、うさぎさんチュッ



[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-31 00:25 | 赤ちゃん

対応

今休暇で日本に来ているのだが、今日眼鏡屋に行った。実をいうと、モクを連れての道中に眼鏡がいかれてしまったのだ。なにか有機溶媒のようなものがレンズについたのか曇ってしまって取れなくなってしまった。というよりレンズが腐食してしまったようだ。予備の眼鏡を持って来ていたので、問題はなかったが、帰り同じことがある可能性も考えて、日本でもひとつ作ることにした。帰国道中ではズボンもやぶれてしまったし、来ていたTシャツも暑くてべたべたになってしまったのだが、着替えを一セット機内に持ち込んでおいたおかげで事なきを得た。なんというトラブル続き、と思ったが、まさに備えあれば憂いなし。
話を戻すが、日本の眼鏡屋はやはりアメリカのそれに比べて、対応がすばらしい。〜様と言われるのには恐縮してしまうが、基本はなんでも迅速、丁寧。アメリカでは店員の態度がでかいことが多いし、迅速なんていうのは期待するだけ損。私の眼鏡は度がきついのと乱視が入っているのでどこで作っても最低1週間はかかる。日本に帰国するたびに作った方がいいんだけど、この1週間という制限とそれからアメリカで作ると保険が効いて、100数十ドルくらい払い戻しがあるので、どうしてもアメリカで作ることになってしまう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-30 21:25 | 野球

サラ・ペイリン氏

やられましたね。マケイン氏なかなかくわせものです。サラ・ペイリン氏はこれで女性初の副大統領候補となり、ヒラリー票を獲得する可能性を上げました。これは拮抗しそうです。副大統領の選択はマケイン氏に軍配が上がったのではないでしょうか。しかし、副大統領というのは実はあまり仕事がないのです。あっても、あくまでも大統領からの依頼で行うものであって、特任大臣的な業務しかなく、大統領に何かあったときにだけ役に立つ閑職なのです。したがって、実質的にはあまり政治方針に影響を与えないといっても間違いはないと思います。内閣の一人くらいに考えておいていいのかもしれません。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-30 14:35 | 政治

星野パッシング

星野ジャパンから星野パッシングに変わったようですが、彼のウェブサイトを見ると居たたまれない気持ちになります。金で当然の状況の中で4位。本人もたたかれるのは覚悟しているとのこと。言い訳はしないとは言っても、質問に答える義務があるとまで言われ、理由を答えれば、それは言い訳に聞こえます。たとえば、敗因はなんですか、と聞かれて、ボールやルールが違ったから力を発揮できなかったのが一因と自分の意見を言ったら、それは言い訳だと言われる。言い訳しないには何も言わないのが一番です。でも、マスコミの質問には答えなくてはいけない。それに彼にとっては、マスコミ=ファンですから、それには答えなければならないと自分で思っている。どうすりゃいいいんだと。
偉そうにマスコミに批判をする人にいいたい。じゃあ、お前やってみろ、と。文句があるなら、WBCの監督やって優勝してみろ、と。野村監督も開口一番は仲良し内閣だの、岩瀬は春から調子が悪いだの、と毒ガスを吐いていましたが、WBC監督を振られると、もう次の日からトーンはさがりました。だいたい、そういう具体的な意見があるなら、オリンピックが始まる前に言え。批判しても遅いじゃないか。次もないんだし、謝る以外、どうしろというんだ。彼は嫌な役を引き受けた勇気ある人であって、犯罪者ではないんだ。そもそも、アメリカ、キューバ、韓国、日本は実力が拮抗していて、どの国が金になってもおかしくはない。今もう一度やり直しても同じ順位にはならないでしょう。
WBCの優勝はたまたまラッキーだっただけで、どう考えてもあのときも韓国が一番強かったようにしか見えない。
野球はもとより短期決戦では実力の差が出にくいスポーツです。投手はまだしも打者なんて好打者だって3割しか打たないだ。そのつなぎでの得点の期待値なんて全く安定しないものです。サッカーとかバスケが将棋や囲碁に当たるなら、野球は麻雀みたいなもんです。100試合もリーグ戦をやれば実力差がでるが、短期決戦では時の運の要素がかなり高くなります。リーグ戦3位のチームだったらたまたま調子の良いときが重なれば、一位のチームに3連勝することだって十分あり得ります。リーグ戦での優勝チームがクライマックスを勝ち上がるとは限らないのと同じ理由です。クライマックスとか日本シリーズとかはまだ同じチーム同士が複数回戦って勝敗を決めます。しかし、オリンピックとはWBCはたった一試合で優勝と準優勝(そして3位と4位)を決めちゃうんですよ。だから、あくまでもWBCとかはお祭りです。したがって、監督の手腕を問うタイプのものではないのではないでしょうか。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-29 21:48 | 野球

副大統領

オバマ氏が正式に民主党の大統領候補に選ばれ、どうでもよさそうな副大統領も指名されました。
初の黒人大統領候補なわけです。負けるとは思えないですが、暗殺が心配です。ケネディーの時とは時代が違うのですから、しっかりと守ってほしいものです。
私がもしアメリカの選挙権を持っていたら、オバマにもマケインにも投票しないでしょう。仕事の関係上、オバマさんに勝ってもらいたいとは思いますし、賛同できる部分もたくさんあるのですが(少なくともマケインさんよりは)、2択にされて選ばされるような不自由さには耐えられないからです。実際には何人もの候補者がいるので、投票用紙には他の候補者も載ってはいるのですが、実質的には民主と共和の一騎打ちです。更に言うと、どちらかの政党にくみするということが気に入らない。もし自分が候補でも無所属でいたいと思うからです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-29 16:31 | 政治

国家威信のためのオリンピック

今回のオリンピックを見て、やはり思ったことは、国ごとにメダルを争う愚かさである。中国の金メダルを取るためのプロジェクトには聞いて飽きれる。2、3才の女の子の体力審査、血液検査(酸素濃度をはかるため)をして体操に向いている子を探し出し、故郷から遥かに離れた施設に送り込むのである。親には宝くじ売り場の店主とか必ず儲かる安定した仕事を与える。まるで、丁稚奉公か、はたまたお殿様に見初められ百姓の娘か。なにか間違っているとは思わないのだろうか。そんなことまでして、ある競技で世界一になってなんなの?そのスポーツをやりたい人が好きでやって一番を競い合う、その総合イベント、世界の国が集まってやるお祭りでしょう。楽しみ、交流し、感動し合うことが目的なのに、国ごとにメダルがいくつだったとかあらそうのはあくまでオプションでしょう。それをその数を増やすために国家が強制的に本人の望んでいるかどうかもわからない競技ができるようになるために訓練し、メダルがとれなけらば、もうダメのような扱い。ああいう国にこういう勘違いな国家威信の発揮の仕方をさせないためにも、国別に戦う形式は辞めにした方がいいのではないかと思う。なんとかスポーツジムの北島さんが世界一平泳ぎが早い、でいいじゃないですか。あの男子マラソンの人も高校から日本にいて、長距離走は日本で学んだんでしょう。それなのにケニアの国旗が上がっているのは変ですよ。サッカーはクラブチームで、野球は球団で、参加する。オプションとして個人の出身地は紹介するけど、国単位で参加するのはやめる。
そうしましょう。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-27 02:57 | 野球

なくなってよかった。

星野監督の采配はまさに情の采配だった。打たれた岩瀬投手にはリベンジのチャンスを与え、エラーした選手、チャンスで打てなかった打者も先発させた。岩瀬投手のデビューを思い出す。開幕で起用して、打たれても、何度もチャンスを与えた。岩瀬投手をセリーグ一の中継ぎに育てたのは星野監督である。この采配は短期決戦には向かないかもしれない。その日に調子の良い選手を選び、勝負に徹した采配をした方が有利なのかもしれない。しかし、勝負事はそうしたからといって勝つとは限らない。だったら、情の采配でいいではないかと思う。星野監督は負けたのは自分の責任だとは言うが、采配が間違っていたとは思っていないだろう。しかも、彼を知る人間だったら、オリンピックだからといって彼の人生そのものでもある彼のやり方を変えるわけがないことはわかっているはずである。だから、彼の采配を批判するのは間違っている。間違っているというなら、彼をオリンピックの監督に選んだことが間違いである。彼は別に自分から買って出た訳ではない。王、長島の後、彼しかいないからと言われて、仕方なくやったのだ。しかし、引き受けたからにはしっかりやる人間である。全力を尽くしたに違いない。王監督や長島さんなどわかっている人は一切批判していない。無責任に批判するやからに腹立たしく思う。オリンピックなどくそくらえだ。二度と出なくていい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-24 13:06 | 野球

岩瀬打たれる

勘弁してくださいよ〜。岩瀬つかいすぎだよ。ひどすぎる。なんなのいったい。彼を負け投手にして、しかも、3敗目。星野監督は阪神の手先か。調子が悪いってわかっているのに、連日登板させるのはどういうわけなのさ。なんなんだいったい、このオリンピックは? もうはやく岩瀬、川上、森野は帰ってきなさい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-23 06:27 | 野球

iPhone G3

おじん心をくすぐるとでも言うのでしょうか、このiphoneというやつなんか買ったらうれしくてしょうがないです。特に買うことを計画していたわけではないのですが、奥さんの携帯がこわれて、私のも同じ時に買ってもうかなり古くなっていた、そして、たまたまAT&Tだったので、どうせならと、話題のiphone G3を買ってみたのです。うーん、驚きの連続というか、まさにMacの神髄を行っているなと。昔からAppleのファンなのでお金ができたらApple社の株を買おうと思っていたのですが、今やtoo lateですよね。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-19 10:53 | 日常

女子マラソン全滅

柳田さんがQちゃんのたたりと言ってましたが、本当でしょう。才能のあるランナーをもっと優遇すべきでしょう。層が厚いから、故障したり、数回失敗したから、もう切り捨てるなんてやっていては栄えるべきものも栄えません。楽天の岩隈投手を見てください。数年故障で勝っていませんでしたが、今年は見事に復活しています。200勝の山本昌投手だって最初5年はなかずとばすだったのです。才能というのはそういうものでしょう。凡人がいくら元気でもどうにもならんのです。マラソンの才能を甘く考えています。前回のオリンピックはQちゃんと野口選手が勝負すべきでした。今回も彼らを本場に向けて調整させるべきでしたでしょう。補欠登録もしていないなんて危機管理がなさ過ぎる。陸連はボンクラか。
練習のし過ぎにならないように、定期的にMRIで診断して、肉体面のサポートはもちろんの事、精神面でもマスコミが騒いでプレッシャーにならないようにとかのサポートはあったのか。プレッシャーをはねのけるような選手が強いのであるというのは本当ですけど、そうできるのが当たり前のような風潮は止めてもらいたい。精神的に弱くて走るのが速いならその弱点を周りがサポートできるならするべきに決まっています。
こういうシステムの不備による因果応報のことをたたりというのです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2008-08-19 05:43 | 政治

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧