今を生きる コロンバスにて 北川克己

<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧




Change

日本にもChange来ました。期待してます。2期くらいはやってもらいたいものです。特に科学研究分野への政策どうなるのか興味津々です。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-31 04:37 | 社会

板尾創路さん

板尾創路さんの娘さん、モクと同じ年頃だっただけに、心中をお察しいたします。死因は明かしてらっしゃりませんが、突然死だったとの報道もありました。突然死はまだ謎につつまれている部分が多いです。研究が進むことを願うばかりです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-30 16:31 | 社会

ハマスタのフェンス

高さ1メートルじゃ低い。簡単に乗り越えられてしまう。野球場なんだから酔っぱらって観戦を楽しむこともあるでしょう。もう一人お亡くなりになってしまって大変残念です。落ちるのは一瞬ですから警備体制をあげるだけではなく、フェンスの改良にも取り組んでいただきたい。フェンスで視界が遮られるというなら、通路を低くつくるべきだったのです。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-30 07:32 | 社会

2大政党制もしかしたら1大政党制

どっちがが大勝して、たくさん元議員が出たとき、その人たちはその後の4年間(あるいは解散まで)、何しているのでしょうか。元の仕事にすぐ復帰できるような方(会社社長、医者、弁護士)はいいですが、専業政治家は何すんでしょう。党の役職とかも、大敗後ではあまりたくさんあるとは思えませんし、元大臣とかがパートで働いたりするのでしょうか?
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-29 16:11 | 政治

NIH

朝8時からセミナーをして、1日半で十数の人と30−40分ずつ面談し、面談の時間を取れない人とランチを取りながら話をして、大物的な人たち(directorとかchair)と夕食を取るという殺人的なスケジュールを終え、ホテルに帰って一回数時間寝てから、腹減ったけどレストランに行くのはもう遅すぎるので、ルームサービスでサラダと飲み物をとって食べながら、このブログを書いています。
NIHの建物は数字で呼ばれるのがほとんどらしく、今回はheadquaterのあるbuilding 10というところに行きました。この建物とてつもなくでかく、アメリカで2番目に大きい(たぶん容量が)らしい。一番はペンタゴンにあるとか。
f0013271_1593257.jpg
f0013271_1595212.jpg
f0013271_15112286.jpg

これがそのbuiding10の中なのですが、今はやりの建築の仕方で真ん中に吹き抜けがある。聞いた話では空調の制御か燃費が良いらしいのですが、そしてSt. Judeの我々のいる建物にもこれよりは小さいですが、同じ様に吹き抜けがある。各々の階の通路から下を見渡したりできるのですが、building 10の通路にはこの写真のようにガラスの壁があります。St. Judeにはありません。私はどうしてもこの吹き抜けが怖くて絶対近寄らないようにしているのですが、どうも皆さん平気なのようです。私にはちょっと濡れた床ですべったりしたら、もう簡単にあれーって落ちてしまうようにしか思えないのです。赤ん坊なんか抱いてたら、通路のとってのある位置よりも赤ちゃんは上にいることになりますから、何かの拍子にぽろんと落ちてしまう事があるかもしれない。落ちたら確実に即死ですから、もうそんなことが起きちゃったら遅いのです。更にいうと私の場合はもうなんか吸い込まれて行っちゃいそうで、誘惑を断ち切るためにはなるべく見ない様に見ない様にしています。
全部に壁を作るなり、もっと取手の位置を高くするなりするとかなりお金がかかりそうですから、最初からデザインを安全を考慮して考えていないのが問題であり、私にはその建築家の想像力の欠如としか思えないのです。ある程度の安全のための備えを現実的な予算でするためには、2階から3階の間に網でも張ればいいと思います。景観が悪くなるかもしれないけど、どうせ世界の国旗が飾ってあるのだから、その間に網をかける様にすれば、それほど目立たないようにできるかもしれない。
なにしろ、いつもそんなことを考えてる私ですから、このNIHの壁を見た時には、おーさすがNIHと思い、私をシャトルバスまで送ってくれている教授に、そのことを話すと、なんと残念なことにもう一人落ちてなくなってしまっていたのです。その後、安全のためにガラスの壁をつけたとのこと。うーんtoo late。帰ったら安全委員会に提言してみようと思っています。too lateにならないために。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-28 15:10 | 科学

スピード違反

今日はスピード違反の切符をもらったせいで、裁判所に出頭した。これで3度目である。最初はかなり戸惑ったが、今はもう慣れたもので、どこに並ぶのかも知っているし、どのくらい時間がかかるのかも見積もれるし、自分の番になったら、Dismissedと言われて、一瞬で終わることもわかっていた。アメリカではスピード違反は得点制で、溜まって行くとやっかいなことになるらしい。一番気にするべきことは自動車保険の保険料が上がることのようであるのだか、こうやって裁判所に出頭するとそれらの得点の記録は残らない。不思議なのは面倒だからといって、数十ドルの反則金をwebではらってしまうと、それは記録に残ってしまうのだ。裁判所に出頭すればタダである。
更に言うと代理人が出頭してもかまわないので、100ドルでかわりに出頭してくれる法律事務所のサービスもある。多忙な金持ちならこれを使うのだろう。カナダの場合は金を払うか、得点を取られるかのような感じだったのだか、アメリカの制度はどうも腑に落ちない。貧乏なら出頭して反省しろということなのか。並んで待っているときに裁判所の係の人が、”今無職の人〜っ”と大きな声で叫び、手をあげると就職のあっせんのための書類を渡していた。もしかしたら、これがメインの目的なのか。
その後ついでに車の登録の手続きをして新しいタグをもらった。
明日からまたawayで忙しいから今日行くのはいやだったのだが、、召還日が指定されているからどうしようもない。しかし、登録も合わせて一時間以内で終わったので得した気分だった。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-26 15:57 | 日常

私をなんだと思っているのか

はっきり言っておきますが、私は聖人君子でもありませんし、正義を貫こうとも思ってもいません。誰にでも好かれようとも思っていません。私は私の信じたことを、というと大げさですけど、やっているだけです。一貫性のある主張をしようとも思っていませんし、そのとき感じたことをそのまま書いているだけです。
研究に関わることには責任があると思っておりますので、ここにはあまり話題にしていないはず。それ以外のことに関しては自由に発言させてもらっていると思っています。巨人ファンには申し訳有りませんが、ひどいことを書くでしょう。だから、不快に思うかもしれないなら、読まないでください。でも、実際には私が何を書こうが鼻で笑ってくれている方が多いのではないでしょうか。
勿論、差別になるようなこと、犯罪になるようなこと、私人個人の中傷になるようなことは書かないようにしているつもりです。しかし、批判なりののしりなりを書かないということは、スタンスを明確にしていないということになります。どう思われようが、それが私の思ったことであり、私自身を表すものなのですから、どうしようもありません。元々評判などというものは表裏一体なわけでして、何かを支持するというこは何かを否定することになるのはよくあることです。
それから、私は自分自身に全然自信を持っていません。むしろ、ダメな人間だと思っています。研究者としても中の上くらいで、なんとか一流になれるように頑張っているところだと思っています。しかし、流行に乗ってたり、なんというか魂を売ったようなことをして、いい雑誌に載せようとは思っていません。これには自分の信じるやり方があり、ぶれないでできると思うというかやっています。そして、hopefully 世間(研究者の世界ですけど)が理解してくれる、いつかは、と思っています。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-26 05:42 | 社会

麻生さん

ここに来て麻生さん、オウンゴール連発ですね。どうしてこういう人が首相に選ばれるようなシステムになっているのでしょう。アメリカもつい最近までもっとすごいブッシュがやっていたのですから、日本が特に悪いわけではないのかもしれませんが、ブッシュのそれは半分は確信犯的なところが会ったぶんだけ、間抜けという点から見るとまし、悪質さから言うとひどい、のかもしれません。
民主党がいいからということでなく自民がとうとうだめになったからということなのでしょうけど、ネット上に出ている責任力とかなんとか言うのには、はあーって思ってしまいます。今までやってなかったのに、急にいろいろやるとか最も信用できない人のようですけど、それくらいしか言うことないのでしょうね。開き直ってやることは変えないって言った方がまだましな気がする。だいたい同じようなことをマニュフェスとにしたら、野党になったとき、与党の政策を否定できなくなっちゃいますよ。同じようなこと自分たちも言っていたんだから。
私は日本に住んでいる人たちが決めることを思っているので、どちらにも投票しませんが、いったいどういう人が自民に投票するのか興味があります。やはり、法則的に田舎に住む、頭の固い、知能の低い、男性の老人ということになるのでしょうか。アメリカではこれに白人が加わると保守の法則になるのですが、日本の場合、田舎の老人=保守ということでもなさそうです。
民主党になるなら安定数を取った方が改革がうまくいくという点で、勝つなら圧勝して欲しいとは思います。一度任せて見てみようと思うなら、地元でのしがらみを捨てて、ぶれずにかけてみた方がいいのではと思います。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-24 12:56 | 政治

いろいろ

県岐阜商惜しかったですね。2−1か。ベスト4でも素晴らしいですけど。
昨日のヤクルトの継投は解せない。まるでわざと負けにいったかのよう。ストライクがまともにはいらなくて、連続押し出しで逆転。ピッチャーが八百長するならこれしか、というケース。時期が時期だけに。
今なかなかストレスのたまるときか。YさんもGさんも最後のデータがなかなかでない。ふたりとも研究発表とかさなっていて大変。それを待つ私も、自分の発表も来週あって、梗塞感がある。
早くこれらを終わらして、グラントに集中したいところなのだけど。reivewも一つ頼まれているのだった。大統領でさえ10日の休暇は短いと言われているこの国で、今年の夏も休暇取れずしまい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-24 00:59 | 社会

いろいろ

県岐阜商惜しかったですね。2−1か。ベスト4でも素晴らしいですけど。
昨日のヤクルトの継投は解せない。まるでわざと負けにいったかのよう。ストライクがまともにはいらなくて、連続押し出しで逆転。ピッチャーが八百長するならこれしか、というケース。時期が時期だけに。
今なかなかストレスのたまるときか。YさんもGさんも最後のデータがなかなかでない。ふたりとも研究発表とかさなっていて大変。それを待つ私も、自分の発表も来週あって、梗塞感がある。
早くこれらを終わらして、グラントに集中したいところなのだけど。reivewも一つ頼まれているのだった。大統領でさえ10日の休暇は短いと言われているこの国で、今年の夏も休暇取れずしまい。
[PR]



by katsumi_kitagawa | 2009-08-24 00:58 | 社会

Associate Professor at Nationwide Children's Hospital, School of Medicine, Ohio State University
by katsumi_kitagawa
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

hoarding cle..
from hoarding clean..
TV-HQ.com
from TV-HQ.com
rankwyz
from rankwyz
denver found..
from denver foundat..
cellinea na ..
from cellinea na ta..

以前の記事

2016年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧